のえら

技術備忘とかメモとか.間違いはつっこんでいただきたい所存.

フレッツ光メンバーズクラブのポイント交換しようとしたら契約回線認証で詰まった話

フレッツ光メンバーズクラブのポイント交換のお知らせメールが届いていたのでそろそろ交換しようとかと思いログイン。

途中で契約回線認証があったので認証実行。ところがエラーになる。 契約書と接続情報を見直しながら再接続してもエラー。なにゆえ。

一応Safariで試してみるかーと思い立ってChromeから切り替えてみたらできた。

そういえばrubyの認定試験受けるときもプロメトリックはChrome対応してなかったしなー、結構ブラウザ問題って身近にあるのかと再認識。 f:id:noterr0001:20210112135614j:plain

読書メモ『仕事ごっこ~その“あたりまえ"、いまどき必要ですか?』

なんとなく目に止まってAmazonで購入した「仕事ごっこ」を読了。 最初は目次を読んで慣習化あるあるだなーと思っていたけど、内容を読み進めるとよその会社はこんだけひどいの?とびっくりしてしまった(もちろん全部じゃないし極論ではあるけど) 概要は風刺っぽい物語で始まっててちょっと変わってる。

中身はものすごくシンプルだから、なんというか、こういうのを読まない・悪しき慣習に気がつかない諸悪の権現である人たちに読んでほしいですねぜひ。

一個だけ読んでて違和感あったのがPPAPのところかなー…。 すげぇ言いたいことわかるし、その通りやなーって思うんだけど、あの項目だけ過剰な書き方というか文章だったなと(くたばれPPAPの集いに参加・監修してもらったからなんだろうけど)

1,280円で結構楽しめた。 会社の慣習とか謎のビジネスマナーとかにモヤモヤしてる人には結構オススメの一冊。

巻末に作者の書いた本の紹介があって、「問題地図シリーズ」がこれまた興味深い見出しで面白そうだったからちょっとずつ買って読んでみる。

www.amazon.co.jp

Amazon プライムを騙った迷惑メールが届いていた

Amazon プライムを騙った迷惑メールが届いていた。
めちゃくちゃよくできていて、Amazon登録してないアドレスじゃなかったらもっとびっくりしたかもしれない。
差出人とリンクのURLが違うので注意して見ないといけない、気をつけよう。

f:id:noterr0001:20200901190727p:plain

Amazonプライムをご利用いただき、ありがとうございます。

Amazonプライムの会費のお支払いにご指定いただいたお客様のお支払い方法に問題があったため、Amazonプライムのサービスをご利用いただけません。問題が6日経過しても解決されないの場合、お客様のAmazonプライム会員登録はキャンセルとなります。ご指定のお支払い方法に請求することができませんでしたので、払い戻しはいっさい発生いたしません。 ご登録をご希望の場合は、Amazonプライム登録ページ にアクセスして再度ご登録ください

Amazonプライム会員にご登録いただくと、数百万点以上の対象商品に対する無料のお急ぎ便、無料のお届け日時指定便、対象映画もTV番組も見放題のプライム・ビデオ、無料のKindle本(毎月1冊)等のプライム特典をご利用いただけます。

ご利用いただきありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。 今後ともAmazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

雑翻訳の迷惑メールがきた

こんにちはSir / Ma

このメッセージが表示され、日本人が原産地である場合は、返信してください。興味のあるビジネス提案があります。 回答があり次第、詳 375;<説明します。

よろしく。

日本人が原産地、というワードがとてもよい。

App Storeの領収書みたいな迷惑メールが届いた

会社の個人メールアドレス宛にApp Storeのアプリケーションを購入したと知らせる領収書のメールが届いた。

f:id:noterr0001:20200819165602p:plain

このアドレスではAppleのアカウントを作っていなかったのとまったく知らないアプリケーションだったからすぐ迷惑メールだと気がつけたけど、業務で使っているメーリングリスト宛だったら気がつかなかったかもしれない(とはいえURLをクリックするようなことはしないけど)
No. が いいえ になっていたり、領収書の文字に謎のスペースが入っていたりと胡散臭さが満載すぎる。

ハウスフリッパーのトロフィー攻略〜一級不動産業者〜【PS4版】

ハウスフリッパーのトロフィーの一つである『一級不動産業者』が取れないバグに当たってしまってトロコンできなかった現象があったものの、解決できたので攻略メモを残しておきます。


一級不動産業者の獲得条件は「家を50件売る。」こと。 この条件には依頼分もカウントされるが、達成するためにはゲームを一度クリアする必要がある。
というのも、販売している物件と依頼分をあわせても物件数が50件にならない。販売している物件を繰り返し買えるようにするには「依頼をすべて達成(100%でなくてもOK)」「事務所にしている物件以外のすべての物件を売却する」の2つを行う必要がある。

この状態で家を50件売ったにも関わらず一級不動産業者が獲得できず、以下色々と試しにやってみた。

  • すべての依頼を100%で完了する
  • 家を208件売却する
  • 一級不動産業者以外のトロフィーをすべて獲得する(プラチナを除く)
  • ゲームの途中で通貨設定や昼夜モードを変更

上記で達成できなかったため新規ゲームを開始し、依頼分も含めて50件売却する念のため2周目をやってみたものの解決しなかったため、PS4版発売元のサンソフトに問い合わせを行った。
問い合わせの翌日に返信がきました。大変ありがたいサポート。
以下返信抜粋。

お問い合わせありがとうございます。サンソフトユーザーサポートです。

この度はご不便をおかけしており申し訳ございません。

お問い合わせのトロフィー「一級不動産業者」につきまして、現在、条件を達成された際にトロフィーが解除されない場合がある現象を確認しております。 本現象に関しましては、修正に向けて調査を進めてまいりますのでお待ちくださいますようお願い申し上げます。

今後ともサンソフトをよろしくお願い申し上げます。

2ヶ月ほどアップデートを待ちましたが特に変更はなく、こちらでできることはないかと1つずつゲーム設定を変更しながらゲームを何度かやり直ししたところ、ゲームのスタート時点で通貨設定を「ユーロ」に変更してから50件売却することでトロフィーを獲得できた。
これが正しい解決方法なのかは不明なものの、他のトロフィー獲得条件にもユーロ設定が必要だったものがあるので効いているのかもしれない。